武蔵小杉のセレクトショップ【ナクール】-nakool-attack the mind 7 | NO ID.  | Tete Homme |HALB| 武蔵小杉のセレクトショップ【ナクール】-nakool 是非店頭で手に取ってご覧ください。通販も可能です。044-722-3182

1 / 3412345...最後 »

オリハシです。

毎年のことなんだけど、8月も後半になってくると、そろそろショートパンツのスタイリングは控えておこうかなぁーって思うんですよね。あ、僕がナクールで着るのは控えようかなっていう意味ですよ。いや、本当はバッチリと秋物新作の上下でナクールに立ちなさい!とおっしゃる業界のプロフェッショナルがいますね。

理想は理想。現実は皆さん、まだまだショートパンツ穿くんですよ。
そのコーディネートの中にさ、いかに季節の端境期な印象を取り入れていくのか?っていう課題がナクール的。ショートパンツに薄手の長袖を羽織るだけでちょっと雰囲気が違ってきたりする。その移り変わっていくぞっていう感覚を味わってほしいなぁーとね。こういう感覚って「生きてるみたいに生きる」ってことだと思うんですよ。

伊坂幸太郎の小説「マリアビートル」にこんなシーンがあります。

「生きてるみたいに生きてみようと思ったんですよ」
「生きてるみたいに生きるって、何だよそれ。そのままじゃねぇか」
「いえ、意外にみんな、漫然と生きているじゃないですか。もちろん喋ったり、遊んだりはしますけど、もっとこう」
「遠吠えをしたり、とかか」
男はとても嬉しそうに笑みを浮かべ、強くうなずく。「それもいいですね。遠吠えは確かに、生きてる感じがします。あとは、美味しいものをたくさん食べたりとか」と文庫本をぱっと開き、中に載っているビュッフェ料理の写真を見せてきた。(102頁-103頁『マリアビートル』著:伊坂幸太郎)

すごく好きな感覚なんです。自分の中で考えて選ぶっていうこと。

なんとなく、漠然と、漫然と決めない。っていうこと。余計なお世話かもしれないんだけど、それだけで1日が楽しいんですよね。

今日、何を着るか?

これをして漫然とじゃなくさ、「生きてるみたいに生きて欲しいな」と。その選ぶ候補の中にナクールの服が、オリハシの選んだ服があって欲しいんですよ。

先週、神宮球場にスワローズ戦を見に行ったんですけどね。
「あぁ、もうすぐショートパンツ穿けなくなっちゃうなー」っていう思いでさ、夏のあの並木道で写真撮ったらどんな感じだろう?ってTシャツ、短パンコーデで行ってきました。
NYC BOX BBC BLACK【attack the mind 7】
Sunglass Pt with embroidery V neck-T BLUE【Stra Raggio】
40Sダンプショートカーゴパンツ カーキ【NO ID.】
MOHI PONY CAMUFLA CAMO【MOHI】
わざわざリンクをつけたけど、完売してます。
でも、色づかいとか全体のバランスとか、Tシャツのワンポイントサングラスプリントとカモフラージュ柄のサンダルの関係とか。ミリタリーなカーゴショートパンツなのにあえてミリタリーで揃えたサンダルとか。シルエットとサイズ感、素材感で野暮ったくみせないミリタリー的な・・・

※ブログで紹介した商品アイテムはすべてリンク先ページから購入可能です。売り切れの場合はご了承ください。アイテムごとのカテゴリーから探したい人はこちらからどうぞ→アイテム・ジャンル

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!
https://twitter.com/nakoolbag_kun

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

mixi
URL

木曜日のオリハシです。

ひょんなことからTwitterで「1日1鶏」さんをフォローしはじめました。保育補助の仕事と漫画家をしてるおかたでして。これがね、いろいろなネタのニワトリ漫画なんだけど、なかなか面白いわけ、ちょっとしみじみしたりして。かるく癒されたりしてますわ~

最近は「ほのぼの保育漫画」ばかりなんだけど、この『子供たちとファッションチェック!』てのがね、よかった。

同じ柄を着てたり、同じ色の服を着てたりするとやっぱり盛り上がるもんなんですね。「おなじだー!」って。

そして、大人の男達よ、忘れてることを思い出してほしいぞ。

「服で気持ちを切り替える。身につけるモノと気持ちはつながっているのだ」ということを。

この感覚を思い出そうぜ。

いや、そもそも、そんな感覚は持ったことがなかったぞ!というメンズもいるよな。

ナクールで体験すればいいよ。

いままで、どんな服をまとい、どんなファッションとつきあってきたのか?あたくしが聴きます、聴きます。

そしてだ、少しはお金をかけることだって大事な要素なんだぞ。だからこそ気持ちも入ろうってものでしょ。

安いからこれでいいか、とか。こんなもんでいいか、とか、とりあえずこれでいいか、とかやってると服で気持ちを切り替えることはできない。

服はしょせんうわべだと人は言う。その人の現実を繕い、ときに偽るものだと。
服ごときに人生のすべてを注ぐのは愚かだとも。が、服は人を支えもする。

受け入れがたい現実を押し返すため、はねつけるためにも服はある。そうした抵抗、もしくは矜持(きょうじ)を人はしばしばその装いに託す。服は、折れそうな心をまるでギプスのように支えてくれる重要な装備でもあるのだ。(鷲田清一)

大丈夫!自信をもって!

といろんな人に言ってるオレ。

そうは言ったって、自信満々の人ってどうよっとも思ってるよ。

むしろ自信がないことを隠さない方が耳を傾けてもらえる場合も多いよね。

まぁ、そうやってオレも引き裂かれてます。一緒です、皆さんと。

いつも手探り。試行錯誤。計算どおりにいかないことが多いんだよ。

だからこそ、強がるためにも、服を纏うことで、自分のギアをチェンジしていくことを知ってるんだ。

村上春樹のデビュー作【風の歌を聴け】でこんな名言がある。

「条件はみんな同じなんだ。故障した飛行機に乗り合わせたみたいにさ。もちろん運の強いのもいりゃ運の悪いものもいる。タフなのもいりゃ弱いのもいる、金持ちもいりゃ貧乏人もいる。だけどね、人並み外れた強さを持ったやつなんて誰もいないんだ。みんな同じさ。何かを持ってるやつはいつか失くすんじゃないかとビクついてるし、何も持ってないやつは永遠に何ももてないんじゃないんじゃないかと心配してる。みんな同じさ。だから早くそれに気づいた人間がほんの少しでも強くなろうって努力するべきなんだ。振りをするだけでもいい。そうだろ? 強い人間なんてどこにも居やしない。強い振りのできる人間が居るだけさ。」(『風の歌を聴け』著:村上春樹 117頁)

ほんの少しでも強くなろう。

いい服をまとって。

ブログ | コメント 0
2017年6月29日 12:00
mixi
URL

木曜日のオリハシです。

このインタビュー本、予想以上におもしろかったです。

インタビュアー、川上未映子の村上春樹への質問っぷりが本当に良かった。彼女のファンになりそう。
「彼女はこれまで僕が会ったどのインタビュアーとも違う種類の質問を、正面からまっすぐぶつけてきた。そして自分の納得がいくまで、臆することなくいろんな角度から質問を反復した」と村上春樹もあとがきって書いてる。

で、この中でね、
信用取引と時間を味方につけることについて村上春樹さんが答えてるんだけど、そこはなかなか商売人オリハシとして共感しちゃう部分なんだ。

どうして読者がついてきてくれるのか?と

それは

「これは中身がよく見えなくて、モワモワしてて変なものですけど、実は一生懸命時間をかけて、丹精込めて僕が書いたものです。決して変なものではありませんから、どうかこのまま受け取ってください」って僕が言ったら、「はい、わかりました」と受け取ってくれる人が世の中にある程度の数いて、もちろん「なんじゃこら」といって放り出す人もいるだろうけど、そうじゃない人たちもある程度いる。そうやって小説が成立しているわけです。それはもう信用取引以外の何ものでもない。つまるところ、小説家にとって必要なのは、そういう「お願いします」「わかりました」の信頼関係なんですよ。この人は悪いことしないだろう、変なこともしないだろう、そういう信頼する心があればこそ、本も買ってくれる。「どや、悪いようにせんかったやろ?」と関西弁でいうとちょっと生々しくなるけど(笑)。(134p)

そう言ってるんです。これはもうそのまま、オリハシが考えてる理想の商売人像と同じです。

服、モノ自体を作ってる訳じゃないけど、その人のコーディネート組むこと、全体をスタイリングすることはほとんど協働的物作り感覚です。今、ナクールを贔屓にしてくれる人たち(あえてナクーリストとは言いません)のことを必死に考えて、思い浮かべてセレクトしてます。もちろんお店を構成する上で見せ方として必要なセレクトだってありますが、名前さえわからない通行人のことだってイメージしちゃうんです。

受け取ってくれる人がある程度いるっていうのがね、やっぱりポイント。ここはもう毎回どきどきしちゃうよね。今日、昨日会って急に信用してくれて!って言ってもね。ははは、何をおっしゃいますか!って話じゃないですか。初めこそ1枚1枚丁寧に販売したいんです。

ここではじめて時間っていうものがモノを言うんだと。そう思いませんか?

村上春樹はこう言います

「その信用取引を成立させていくためには、こっちもできるだけ時間と手間をかけて、丁寧に作品を作っていかなくちゃいけない。読者というのは、集合的にはちゃんと見抜くんです。これはちゃんと手間をかけて書いているものだとか、これはそうでもないとか。手を抜いて書かれたものは、長い時間の中ではほとんど必ず消えていきます。僕らは時間を味方につけなくちゃいけないし、そのためには時間を尊重し、大事にしなくちゃいけない。」(136p)

法政通りのような路面の、街の商店街でナクールのようなショップを続けていくのは「手抜き」では絶対に続きません。本当に真剣勝負です。先代も、もちろんオリハシも文字通り「身銭を切って」45年間続けています。

一昨日の20日でナクールは決算だったわけですが、手書きのオリハシノートを1年分、何度も見返してます。そしてみんなの顔を思い浮かべてます。ナクールでいい時間を過ごせただろうか?と。

今期も皆さんの信用を勝ちとるように努力しようと。そしてこれからも時代の風雪に耐えて未来を切り開くぞ、と。

ブログ | コメント 0
2017年6月22日 12:00
mixi
URL

GWの木曜日、営業中のオリハシです。

休暇中だからこそナクールで会える人がいる。それってすごく幸せなことだよなって感じる今日この頃。

今日も夕方に久しぶりなナクーリストに会えるんですよ。楽しみだなーーー

人間にとって明日誰に会うか?が一番の楽しみではないか!(by 寺山修司)っていうのは本当に商売のおもしろさに通底することだよなって。

会うことができるのがあらかじめ分かってる場合もあるし、突然の出会いだってたくさんあるわけです。

そういう意味では待つことは楽しい。

 待たずに待つこと。待つ自分を鎮め、待つこと自体を抑えること。待っていると意識することなくじっと待つということ。これは、ある断念と引き換えにかろうじて手に入れる<待つ>である。とりあえず今はあきらめる、もう期待しない、じりじり心待ちにすることはしない、心の隅っこでまだ待っているらしいこともすっかり忘れる。

そんな悠長なこと言ってて食っていけるなんて良かったね。

そんなふうに思う人も多いかもしれません。

たしかに武蔵小杉で商売をしてるっていうのはそう言う意味では恵まれてます。人の流動性がありますし、日々、新しい住人が増えていますから。GW期間中だって、「引っ越してきてまだ日が浅いんですけど、このお店、1度入ってみたかったんです!」というメンズがなんと多いことか!

売れる売れないっていうことでなく、その新しい縁に恵まれているんですよね。

だけどね、そうは言ってもですよ。

一方では確実に時間をかけて努力してきましたよ。どんなディスプレーが通る人にキャッチーにひびくのだろうか?って。

無言の叫びをディスプレー自信が上げてますから。いつもいつも、毎日、毎日。

その18年に及ぶ積み重ねが、待つっていう行為をポジティブに捉えられるようにしたんだと思いますよ。

10年前のブログでも引用しながら書いたことですが、僕の中ではまったく変わってません。

細心の注意を払って無感覚であること。

期待を棄てたところでこそ本当の待つが始まる。

 何かの到来を待つといういとなみは、結局、待つ者が待つことを放棄したところからしかはじまらない。待つことを放棄することがそれでも待つことにつながるのは、そこに未知の事態へのなんらかの開けがあるからである。
 開いているということを、迎え入れる用意があると言いかえてもよい。何が到来するのかわからないままに、いや何かが到来しているということじたいに気づくこともなく、それでも何かの到来を迎え入れる用意があること、このことを西洋人にならって、<ホスピタリティ>(歓待)と名づけることもあるいは可能であるかもしれない。不意の客を向かい入れること、それは客という他者を<わたし(たち)>のうちに併合することではない。それは、他者を自己へと同化することではなく、逆に他者の前に自己を差し出すことであり、その意味で、他者との抜き差しならぬ関係にみずからを、傷つくこともいとわずに挿入してゆくということである。<わたし>独りが関係の意味を決めるのではない、そういう他者との関係の中にみずからを据えること、つまりみずからをあえて傷つきやすい存在とすることである。
 とどのつまり、「歓待」とは、客を迎え入れる者をたえずその同一性から逸脱させるものなのである。他者を迎え入れるというのは、同時に、自分の理解を超えたものによって迎え入れられるということでもあるのだ。そしてそれはじぶん自身がじぶんにとって他者のごとく疎遠なものに転化するということでもある。「歓待」はそのような自己の崩れのなかにしか訪れえない。じぶんの枠にこだわりつづけ、それがいつか崩れるのではないかと不安に思っている人が、逆のそうした枠そのものを壊すことでやがて当の不安から解き放たれる、というのはよくあることである。

引用は【「待つ」ということ 著:鷲田清一】

というわけで待ってます^^
P1450382このセットアップ・ジャケット&パンツは第3弾のセットアップものとして紹介したかったんですが、すでにジレとジャケットがありません。もし、これ欲しい!ってかたはオリハシに言ってくださいね!
P-Cloth 2B Travel Jacket BLACK(¥22000+tax)【NO ID.】
P-Cloth Travel Vest BLACK(¥13000+tax)【NO ID.】
P-Cloth Travel Ankle Trousers BLACK(¥16000+tax)【NO ID.】
High Tension Circular Rib V Neck TEE OFFWHITE(¥3900+tax)【nakool】
Leather-weaving technique-shose BLACK(¥22000+tax)【Tete Homme】

※ブログで紹介した商品アイテムはすべてリンク先ページから購入可能です。売り切れの場合はご了承ください。アイテムごとのカテゴリーから探したい人はこちらからどうぞ→アイテム・ジャンル

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

mixi
URL
1 / 3412345...最後 »