Styling log

勝手にフラミンゴの日

オリハシです。

本日、4月25日はナクール設立の誕生日です。45回目。実はオープン日はよく分からんのですが、奈津子曰く、4月1日からやってたような気がするっていうてます。
nakoolshamanTナクールの語源というか由来というか、もう知ってますよね?

ナクル湖です。地図見ながら決めたみたいですよ。

実は、語呂合わせの裏話もあります。これはオリハシの幼なじみな同級生ナクーリストたちは知ってる話。知りたい人はどうぞお店でお待ちしております。奈津子さんが出勤していない日に話します(笑)

ナクル湖はフラミンゴの生息地で有名らしく、フラミンゴを見るとついついセレクトしてきてしまうオリハシです。
P1450191¥5800+tax
カラー:クリームはネップっぽい感じです。つぶつぶっとしてるでしょ?これ、なかなか見かけないボディです。
P1450197
P14501962013年、フランス人デザイナーの2人、ElsaとSamiによってスタートしたブランド【SHAMAN】オーガニックコットンのボディを使いフランス国内でプリントを行っています。

ナクールもこの武蔵小杉、法政通りで45歳か。がんばってますな。

村上春樹の長編小説「ねじまき鳥クロニクル」にこんなフレーズが出てきます。

「・・・自分の目でものを見る訓練をした方がいいと思う。時間をかけることを恐れてはいけないよ。たっぷりと何かに時間をかけることは、ある意味ではいちばん洗練されたかたちでの復讐なんだ」
「復讐」と僕は少し驚いて言った。
「なんですか、その復讐というのは。いったい誰に対する復讐なんですか?」
「まあ、お前にもそのうちに意味はわかるよ」と叔父は笑って言った。(ねじまき鳥クロニクル・第2部予言する鳥編 315頁)

20代だったと思うけど、はじめて読んだときはまったく印象に残らなかったフレーズ。

で、2回目に読んだときに、えっ?なにこれ?唐突に何?って。

物事には時間をかけなくてはならないことがあって、しかし、それが復讐とは?ってやっぱりわからん。

さすがに3回目の再読のときにはね、自分でも腑に落ちることが出てきた。

これが「おもしろいけどわからないところがたくさんあった!」という小説を読み返すおもしろさ!

年齢を重ねる、時間をかさねてはじめてわかってくること。

これが人生って感じするよね。たっぷり時間をかけてナクールをやりきるよ、オレは。

服装だって時間をかけなきゃわからんことがあるんですよ。

流行とはべつに。

※ブログで紹介した商品アイテムはすべてリンク先ページから購入可能です。売り切れの場合はご了承ください。アイテムごとのカテゴリーから探したい人はこちらからどうぞ→アイテム・ジャンル

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、芸能人・タレントのスタイリングアシスト衣装協力、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • 木下ほうか スタイリング
  • 宇梶剛士 スタイリング
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool
  • 婚勝だ!nakool道場

VOICE of nakoolistお客様の声

2005年の仮店舗の頃から通っています。ナクールでは服を買うだけではなく「これ、どう着たらいいですか?」とか「どう合わせたらいいですか」とか、オリハシさんに相談させてもらってます。いつも助かってます。
東京都北区、30代、T様