Styling log

Moon社のツイード生地に切り替わったポケットシャツ

オリハシです。

先々週の土日は武蔵小杉の法政二中・二高の文化祭でした。受験校の雰囲気を下見しに子ども連れでやってくる親が増えたことに驚くわけです。昔は女子高生が列をなしてこの法政通りを大挙してたもんです(遠い目・・・)

時代は変わった。そして、その親の中には自分の高校時代、大学時代の友人や社会人になったときの先輩がついに登場しだしたんです。^^;まぁ、そういう歳だな。

たぶん、「法政って共学になったし、いいんじゃない? 文化祭いってみようよ、武蔵小杉と言えばさ、オリハシ、元気でやってるかな?」的な会話で武蔵小杉ナクールにやってくるわけですね。(夫婦でナクールのことを知ってる友人だらけですから。)

僕にとってはね、そういうのが商売やってる楽しみの一つなんです。(こういうのは何度も書いてきたけど)

社会に接して店を構えるってそういうことだぜ。

あと、いい意味で、オリハシらしさの原型みたいなものをずーっと継続して出しながら友人達と長く付き合ってきた自負があります(服、とか、考え方とか)。だから普通にナクールに入ってくる人が服を好きになり、オリハシを好きになってくれて、買い物してくれるプロセスは同じなのよね。それを自然に高校生くらいからやってたんだと思う(ものは売ってないけど)。あくまで自然に。

シャツ1枚。いろんな人を想像してセレクトしてきます。
45歳or46歳のお父さんがサラッと着て、「お!?なんかちょっといいじゃない」っていうシャツね。同世代だったら10年ぶりだって、お洒落に見えて、着れるもの(買える服ともいいう)を用意しておくっていうのは一つの義務だと思ってるわけよ。そのかわりサイズは面倒見きれないゾ、言いつつ、だいぶ大きいのもある。

買っていってくれるわけですよ。しかも娘さんが「え!お洒落っ!」と一押ししてくれると両親の財布の紐はゆるみます。

こんなシャツを購入したいった大学時代の友人がいます。
ポケットだけ別のツイード生地に切り替わってデザインアクセントになったボタンダウンシャツ。ポケTEEのアクセントデザインをシャツに応用したわけです。

ディテールの感じも目立たず、さりげなく。一歩間違うとアレですけど、ここのはいい線ついてます。このセレクトセンスはあくまでオリハシの判断です。


1枚で着てもいいし、先にいけば、ニットの中に入れて衿だけでコーデを楽しむこともできます。このスタイリングに使ってます。

同じ生地感でチェック版もあって、こちらも人気!


ちなみにシャツに関して、ステッチの色を変えたり、前立てにパイピングしたりすることを全部否定しちゃう人がいます。特にアパレル業界人に多かったりします。シャツにそんなことするな!と。さも馬鹿にしたように。

僕はその判断はどうかな?と首をかしげます。たしかに「やりすぎてるシャツ」も多い。僕も嫌いです。

でも「あ、これならカットソー代わりに、シャツでも遊びがあっていいね」というラインがあると僕は判断します。

そして、何より「それをおもしろい!お洒落!」と自然に判断する消費者がいるっていうことをないがしろにしちゃいけませんね。

やっぱりセンスはちょっとはみ出してみるところから磨かれるものだと思います。

良いシャツたちです。すべて¥7900+tax オススメ!


★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!部長がつぶやいてます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、芸能人・タレントのスタイリングアシスト衣装協力、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • nakool style in 写真道場 2018
  • 木下ほうか スタイリング
  • 宇梶剛士 スタイリング
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool
  • 婚勝だ!nakool道場

VOICE of nakoolistお客様の声

ナクールで服を買うようになる前は「正直、服なんてどうでもいい」そう思ってたし、「(服装で)人の目なんか気にしません」という自分でしたが、「他人への気遣いって側面があるよなぁ。」と考えるようになり服に対する意識が180度変わりました。
川崎市中原区、30代、会社員、K様