Styling log

あのキャラクターも!~Tract のTシャツが入荷!

オリハシです。

ナクールに通うTシャツ好きが黙っていないシリーズ。さっそく都内在住のナクーリストからオンラインショップで注文が入りました。(昨日、発送してあります!ありがとうね!)

Tract(トラクト)という2013年にスタートした、イタリア・モシャーノ・サンタンジェロのTシャツ&スウェットブランドです。昨年も好評を博しました!

モナリザなやつは今年も健在です。
MONNA【Tract】¥9000+tax

Tractの語源は、鉛筆の線の意味から。 Tractのグラフィックは、全て手書きで鉛筆のストロークが特徴的なスタイルです。すべてmade in Italy です。イタリアは今、日本以上に大変な事態になってますが、お互いがんばるぞ!という意味も含めてイタリアのTシャツ着て、楽しみたいところです。
SNEAKERS

JOKER

GRAFFITI 2020

ELECTIC

I LOVE LIFE

GRAFFITI LOVE

GRAFFITI PISTOL

MAGNET


美しい色彩感覚とアート感、そして遊びを感じるTractのTシャツ!オススメです!
グラフィティーとパロディーがおもしろいものが多いですね!すべて¥9000+taxです。

デザイナーのDanilo D’lgnazio(ダニーロ・ディグナジオ)はイタリアのジュアリアーノーヴァで生まれ育ったアーティスト。TractのTシャツに使われる印象的なアートはすべてダニーロによる手作業で生み出されたアート作品がベースとなっています。

特徴は鉛筆のみで描かれたドローイングを精密にスキャンした後に、グラフィックソフト上で色づけなどの処理したデータを完成させ、それをキャンパスへシグレープリント。エディション作品として形となったあと、そのキャンバスへ1点ごとにスプレーペイントやハンドペイントを施し、それぞれに違う個性を与えることで作品が完成します。

それぞれの作品に対して9部ずつしか制作されず希少性も高いのです。まさにエディション作品とオリジナル作品の良い部分を掛け合わせたクリエーションと言えます。

画家としての描写力、グラフィックアーティストとしての画像処理能力、加えてハンドペインターとしての才能が融合した現代ならではのハイブリッドな才能が光るアーティストです!

これから春夏は、ほぼ毎日、Tシャツにお世話になります!というメンズも多いはずです。もちろん無地Tが基本でいいと思いますが、長い夏の中ではどうしても飽きが来ませんか?そんな時にちょうどよく気分的アクセントになってくれるのがプリントTです。

Tract のTシャツも是非!

★ナクールのオンラインショップはこちら→【ナクール・オンラインストア
スマホでショッピングアプリBASEをダウンロードしてナクールをフォローすると商品の新着情報が随時お知らせされるようになっています。是非、アプリからフォローしてみてください。

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!部長がつぶやいてます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、芸能人・タレントのスタイリングアシスト衣装協力、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • 木下ほうか スタイリング
  • 宇梶剛士 スタイリング
  • nakool style in 写真道場 2020
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool
  • 婚勝だ!nakool道場

VOICE of nakoolistお客様の声

10代から通うようになり、30代に入った今でもナクールでしか洋服を買ったことがありません。僕にとってナクールは「癒しの場」であり、個性豊かなナクーリスト(ナクールの常連さんのこと)と出会う「集いの場」であり、まさにオアシス的な存在です。 洋服と酒と人間をこよなく愛す、店主のオリハシ兄貴にもいつも元気をもらっています。
川崎市川崎区、30代、会社員、T様