Styling log

バンドカラーボクシーシャツ!

オリハシです。

緊急事態宣言発令に伴って、ナクールの営業時間も20:00までとしています。ご注意ください。

昨日のブログで紹介したボックスシルエットレギュラーカラーシャツと同じパターンでバンドカラーシャツも入荷しています。こちらの生地はオックスフォード地を使ったタイプをセレクトしています。
・6oz Oxford Band Collar L/S Box-A Line Shirts【audience】
Color : Off White (モデルさんは173cm、59kg、Mサイズ着用)

こちらのバンドカラーシャツは、60年代のビンテージITARY NAVY(イタリア海軍)をイメージして作っています。クラシックな要素の強いデタッチャブルカラーをバンドカラーにし、衿の高さを低めに設定しています。

襟が小ぶりで、両脇にガゼット(マチ)が付いているのが60年代のシャツの大まかな特徴。マチのアクセントが効いていて、パンツの太さを選ばない、優等生モデルです。
通年出番の多いオックスフォード生地で、洗いざらしでも様になる風合いがカジュアルにも取り入れやすいデイリーな1着です。
白も蛍光色の強いパキッとした白ではなく、誰が着ても何に合わせても合わせやすい、ちょうど良いオフホワイトを選んでいます。
Color : Black

素材は、縦糸・横糸を二本ずつ引き揃えて平織りにしたオックスフォード生地で、厚手で丈夫なのでシワになりにくく、織り目に少し隙間を設けているため、通気性が高めで比較的ソフトな肌ざわりです。

織り目が目立ち、立体的な表情で光沢感があることも特徴です。
オックスフォード素材のシャツと言えば、Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)が有名です。様々なブランドからリリースされてるアイテムですが、やはりオリジナル、パイオニアの持つ雰囲気は別格です。

2000年以降、ブルックスで使用されるオックスフォード生地は輸入生地となり、タグにはImport Fabricと記載されております。
生地、縫製ともにMade In USA時代、今は亡き、Dan River(ダンリバー)社が米国内で製造していた90年代までのシャツが今回のイメージソースです。

洗いざらしでも様になる風合いがカジュアルにも取り入れやすいデイリーな素材。6オンスのしっかり厚みのある生地が、洗うごとに自分の体に馴染んでいく 、柔かく経年変化する独特な風合いが特徴です。

また、正統派な素材だからこそ、染色にこだわっています。
『天然繊維は生き物である』と言われてますが、採れた綿花の年代や場所、生地の混率や組織の僅かな違い、このような生地を均一に染色加工するのは至難の業であり、実際には僅かな違いを見逃さずに少しづつ手を加えていくことが必要です。
広島県福山市にある創業90年を超えた国内有数の染工場で、長年の経験の蓄積と改善により、「ここにしかない」最高品質な生地を生み出し作られた生地を使っています。

シンプルで洗練された印象ながらも、ゆったりとしたシルエットが着こなしにも存在感を与えてくれますね!

オススメ!(サイズMは欠品してますが、来月、再入荷してきます。欲しい方はご一報ください。)

メールでも細かい対応させていただきます!お問い合わせはお気軽にどうぞ!

★ナクールのオンラインショップはこちら→【ナクール・オンラインストア
スマホでショッピングアプリBASEをダウンロードしてナクールをフォローすると商品の新着情報が随時お知らせされるようになっています。是非、アプリからフォローしてみてください。

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!部長がつぶやいてます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、芸能人・タレントのスタイリングアシスト衣装協力、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • 木下ほうか スタイリング
  • 宇梶剛士 スタイリング
  • nakool style in 写真道場 2020
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool
  • 婚勝だ!nakool道場

VOICE of nakoolistお客様の声

いつもブログ&オンラインショップの更新しているのを拝見させてもらってます。編集というか見せ方のようなものがとても心地よく、僕はnakoolに足を運んだ事がないわけではありませんが、年数回の上陸わけで...そんな地方在住の僕から見てもnakoolの息づかいが伝わってきます。ブログ更新がメインではなく服飾の販売がメインであるのだけど、ブログが良い意味で洗練されすぎず、一つ一つの品々を Hand to hand.(で送り届ける)の思いのイメージがあります。
北海道釧路市、40代、公務員、O様