Styling log

26日(金)に入荷予定!LiSSのプリントロングスリーブTEE

オリハシです。

今日、20日ですが、12:30から13:30までちょっとお店を留守にします。
来店予定のかたはご注意ください。そしてオンラインショッピングで質問等あるかたはお気軽にお問い合わせくださいね!緊急事態宣言が解除されるまで毎日、ラスト1点ものを価格改定してアップしていきます。テレワーク中にどうぞご覧ください。

来週、26日(金)に入荷予定の新作ロングスリーブTシャツを紹介しておきましょう。ドメスティックブランド【LiSS】からのセレクションです。オンラインショップで予約購入もできます!

まずはフロントのプリントから。
・Tape Logo Print Big Size Cut & Sewn 【LiSS】¥7480-(税込)

ボディーの色はホワイトベースとブラックベースの2色。
左胸にHEART(心臓・心)と3か国語で「KEEP OUT」(立ち入り禁止)のメッセージをインクジェットプリントで施しています。SNSでの誹謗中傷へのアンチテーゼがコンセプトとなったデザインだそうです。

ビッグサイズですので単体で着用しても旬を感じさせる存在感のあるシルエットになっています。
もう一点はトレンドの背面フォトプリです。ベースのボディーは同じです。」
・Sunset Back Print Big Size Cut & Sewn 【LiSS】¥7480-(税込)

写真を撮影することから初めています。LiSSさんのオフィスがあるビルから奈良県方面へ向けて撮影したそうです^^雰囲気のある写真です。

フォトプリントをTシャツに印刷するのに最適なのはインクジェットプリントの方法です。複数のインクをスプレーのように生地に吹き付け、生地の布にインクが染み込み形で印刷が行われます。最初に紹介したテープロゴのプリントも同じ技法です。

以前はフォトプリントのTシャツと言えば、フロントにプリントされているのが定番でしたが、昨シーズンあたりからのトレンドはバックプリントでのフォトプリントなんです。

サイズ感はルーズに。しかし、だらしなくならないように袖口は詰まった仕様にしているのもポイントです。手首で留めて、袖をたるませる着こなしがリラックス感を醸し出すのです。ブランドロゴプリントのアクセントもあります。

単なるサイズの大きいTシャツボディーではなく、あくまでも着用したときのフォルムをイメージして企画されたカットソー。

着るだけで旬を纏えます。

メールでも細かい対応させていただきます!お問い合わせはお気軽にどうぞ!

★ナクールのオンラインショップはこちら→【ナクール・オンラインストア
スマホでショッピングアプリBASEをダウンロードしてナクールをフォローすると商品の新着情報が随時お知らせされるようになっています。是非、アプリからフォローしてみてください。

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!部長がつぶやいてます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、芸能人・タレントのスタイリングアシスト衣装協力、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • 木下ほうか スタイリング
  • 宇梶剛士 スタイリング
  • nakool style in 写真道場 2020
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool
  • 婚勝だ!nakool道場

VOICE of nakoolistお客様の声

アメリカ留学中、ナクールのファッションがきっかけで話しかけられたり、カッコイイ服!と褒められたりして、貴重なコミュニケーションの道具の一つになっていました。 おかげで、卒業間際には、the coolest international student(最もカッコイイ?留学生)の受賞も...
東京都、40代、外資系マーケティング部勤務、O様