Styling log

スタイリッシュな防寒スタイル

オリハシです。

12月1日!今日もナクールは10:00-21:00で営業しています!

2021年、最後の【nakool style in 写真道場】の公開といきましょう。
私と交互でモデルをやってくれた齊藤悠さんの出番です。2021年もありがとうございました!

メインに据えたのはドメスティックブランド【audience】が本気でこだわったフーデッドコート。シルエットはAラインでオーバーサイズ、テイストはミリタリー、表面の生地はテフロン加工を施したロクヨンクロス、中綿はアメリカ・デュポン社の「sorona」を使用というフルスペック仕様。

インナーにはCPOジャケットをベースにデザインしたシャツブルゾン。その中にボンバーヒート素材のモックネックをレイヤードしました。

完全防寒と言うと、うっかり着ぶくれしがちでスタイリッシュさに欠けますが、こちらはお洒落感のある完全防寒を目指しました。

そして、コートを脱いでも面白い見栄え!

今回のコーディネートに使った商品情報です。
Teflon 60/40 Cloth Padding M90 Mods Coat 【audience】/18480-
Check Switching Shirts Blouson 【LiSS】/12980-
Bomber Heat Blast Warming Back Brushed Mock Neck Sweat 【audience】/8140-
Denim Tapered Pants 【GLIMCLAP】/14960-


【nakool style in 写真道場】は新丸子の写真館「写真道場」さんとのマンスリーコラボ企画です。
2021年は私、オリハシと30代のナクーリスト(ナクールの常連客)が交互にモデルをやり、写真道場さんにおいて、店主であるカメラマン久門さんが撮影した作品を毎月、公開していきます。(2月、3月と新型コロナウイルス感染拡大防止のためお休みしました)

この試みも7年目に入ってます。過去、ナクーリスト達にモデルを12か月やってもらった年もあります。私が得意とするコーデやスタイルがわかりやすく表現されていると思うので「よし、今度ナクールに行ってみたい!」という人がいたなら是非、過去のスタイルメイクを覗いて、参考にしてみてください。その時々のトレンドを意識した月もありますが、できるだけ賞味期限の長いコーディネートを意識しています。

写真道場
〒211-0004
神奈川県川崎市中原区 新丸子東1-825-101
044-433-7212

メールでも細かい対応させていただきます!お問い合わせはお気軽にどうぞ!

★ナクールのオンラインショップはこちら→【ナクール・オンラインストア
スマホでショッピングアプリBASEをダウンロードしてナクールをフォローすると商品の新着情報が随時お知らせされるようになっています。是非、アプリからフォローしてみてください。

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛ツィート中!みんなフォローしてね!部長ががんばってます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • nakool style in 写真道場 2021
  • nakool style in 写真道場 2020
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool

VOICE of nakoolistお客様の声

アメリカ留学中、ナクールのファッションがきっかけで話しかけられたり、カッコイイ服!と褒められたりして、貴重なコミュニケーションの道具の一つになっていました。 おかげで、卒業間際には、the coolest international student(最もカッコイイ?留学生)の受賞も...
東京都、40代、外資系マーケティング部勤務、O様