Styling log

謎の人気キャラ「Shabby」Tシャツ!

オリハシです。

今日も6時半閉店後、夜8時ごろまでナクール店内で仕込み仕事しています。サイズ感等、オンラインショッピングで迷ってるかた連絡は即レスできますので、遠慮なくお問い合わせください。

AF ARTEFACTのマスクは一度、完売しましたが、また入荷しています。オンラインショップでは1個しか購入できないようになっていますが、まだ9個くらいありますので、ご連絡いただければ対応できます!

世の中には「元気がなくて服が買えない人」もいれば「元気になりたくて服を買う人」もいます。そもそも「出かけるのに必要だから買う人」もいれば「とりいそぎ必要ないのに買いたい人」もたくさんいるのです。自分のペースを大切にですよ。何によって気持ちをコントロールできのか?っていうことです。

ナクールで毎年(なぜか?)人気の不思議なキャラがいまして。今年も待ってました!とばかりにオンラインショップで購入してくれたナクーリスト達がいます。

それがシャビ―TEEシリーズです。
まずは表彰台シャビ―!!¥4500+tax

きっとオリンピックのイメージがあってこういうモティーフになったんでしょうね。ちょっと残念だよね。でもほどよい癒し系^^

金メダルぶら下げたシャビ―は刺繍で構成されています。渋めのイエローもデニムや白いパンツとコーデしてどうぞ。

フラフープで遊ぶシャビ―Tシャツは白のみで¥3900+tax
掠れたようなプリントが特徴的。

バックプリントも。この位置にプリントつけるの好みな人多いですよね。

ポケットTシャツは民族ちっくな柄生地切替と刺繍ジャビ。白のみです。¥3900+tax

キャンプに行くぞーっていうときはこれだ!あ、今、アメリカではソーシャルディスタンス、もとい、フィジカルディスタンスって言われてるらしいですよ。社会的な心は通わせたほうがいいからということでね。あくまで身体的に距離とりましょっていう言い方から。

キャンプに行くシャビ―Tシャツ。3色、¥3900+tax
これも掠れたプリント技術です。

熊に狙われちゃったんでしょうか?

これもナクールのセレクトする「面白いTシャツシリーズ」!2020年、第11弾!!外出自粛生活だからこそ、Tシャツで遊べ!Tシャツで気持ちを調整しましょう!これがメンズカジュアル・ナクールの真骨頂です。

恨んではいけない、愛しなさい。

こんなTシャツを着てれば、ストレス知らずね。

★ナクールのオンラインショップはこちら→【ナクール・オンラインストア
スマホでショッピングアプリBASEをダウンロードしてナクールをフォローすると商品の新着情報が随時お知らせされるようになっています。是非、アプリからフォローしてみてください。

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!部長がつぶやいてます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、芸能人・タレントのスタイリングアシスト衣装協力、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • 木下ほうか スタイリング
  • 宇梶剛士 スタイリング
  • nakool style in 写真道場 2020
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool
  • 婚勝だ!nakool道場

VOICE of nakoolistお客様の声

中学生のころから通学時にナクールの前を通っていて、かっこいいなぁ~って思っていて印象に残っていました。大学生になって周りがお洒落に気を遣うようになって「そういえば地元にかっこいい服屋さんあったな」と思い出してから来るようになりました。
川崎市中原区、20代、大学生、N様