Styling log

Dancing Bears!!

オリハシです。

3月だ!イェーイ!!
今度の金曜日、5日から普通の営業時間21時までに戻しまーす。そろそろ春ですし、そもそもナクールは密にならないしね。

今日はナクールセレクトの面白いプリントTシャツシリーズ!2021年、初半袖TEE!!この熊モチーフです。知ってる人は知ってますよね?デッドベアーとも言われてます。

懐かしいんだけどさ。1999年、私がナクールを継いだ最初の年だったと思うんだけど、このデッドベアーのぬいぐるみを何種類もセレクトしてナクールで売ってたんですよーいやぁー懐かしい。「えーーこれわかいい!」ってレジ前で飛ぶように売れました。
あんまり昔話ばかりするのはよくないな。前を見るべきだ、前を!でもね、なんていうか時代が1周りしてるのをひしひしと感じてるんですよね。だから思い出すんだと思うよ。渦巻きがね、ズレながら立体的に回ってるのを感じるんですよ。そこを全力で走ってる自分、あぁ、気持ち悪くなってきた。

今回、Schott×GRATEFUL DEADのTシャツで登場です。すでに売れてます。
・Schott×GRATEFUL DEAD T-SHIRT Dancing bears ¥8030-(税込)
Color : White

ボブトーマスによって1973年のアルバムのバックカバー用にデザインされたのが始まりのDancing bear。今ではGRATEFUL DEADになくてならない代表的なキャラクターに。バックプリントにはSCHOTTロゴ とオフィシャルマークの稲妻が入ります。

Color : Black

GRATEFUL DEAD/グレイトフル・デッド
1965年にアメリカ合衆国カリフォルニア州で結成されたロックバンド。
その音楽ジャンルは多岐にわたりレゲエからブルース、カントリーなど様々なジャンルを取り入れ、融合したグレイトフルデッド特融のものとなっています。
彼らが現在のミュージシャンに与えた影響はとても大きく、ジャムバンド界のゴッドファーザーと形容されることも。グレイトフルデッドのユニークなクマをモチーフは『ダンシング・ベアー』または『デッドベアー』と呼ばれており、その完成度の高いデザインは世界中であまりにも有名なデザインです。

私の考えとしては、別にこのバンドのことを知らなくても「かわいい!」と思えば着ていいと思うんです。

「知らないくせに着ちゃって」でいいんです。

それがファッションだから。

でもね、そのデザインが「いい!」「かわいい!」と自分自身が思えるかどうかがポイント。

そうじゃなくて「みんなが着てるから、良さは分からないけど、とりあえずこれで」というのは全然違いますよ。まぁ、このTシャツはみんなが着てるわけじゃないけどね。

言いたいのは背景やストーリーは後追いでいいってこと。

ショットのコラボシリーズは2021年も見が離せませんね!

メールでも細かい対応させていただきます!お問い合わせはお気軽にどうぞ!

★ナクールのオンラインショップはこちら→【ナクール・オンラインストア
スマホでショッピングアプリBASEをダウンロードしてナクールをフォローすると商品の新着情報が随時お知らせされるようになっています。是非、アプリからフォローしてみてください。

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!部長がつぶやいてます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、芸能人・タレントのスタイリングアシスト衣装協力、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • 木下ほうか スタイリング
  • 宇梶剛士 スタイリング
  • nakool style in 写真道場 2020
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool
  • 婚勝だ!nakool道場

VOICE of nakoolistお客様の声

職業柄スタイリストさん達と話すことも多いのですが、彼らは大きなファッショントレンド的な話に終始するのに対し、オリハシさんは一人一人に対して、とても実践的で実際的。現場的なスタイリング感覚が気に入っています。
東京都、40代、文筆家・ライター、Y様