Styling log

リアル80年後半~90年代のナクールスタイル vol.1

オリハシです。

5月2日、月曜日のナクールです。10:00-21:00で通常営業です。
お休みの人も、働いてる人もまいどまいど!オリハシブログを覗きに来ていただいてありがとうございます!

いつもいつも全力じゃ長くは続きません。緩急をつけながら、抜いてる風でしなやかなに。今日はそんな感じで50周年記念ブログ綴っていきます。

先週はナクールオープン当初、1972年4月の写真をお見せしました。その後のスタイリング的な写真ってないんですよね。先代との家族写真ってどうももう一つ、ファッション性にかけるっていうか(そんなこと言うもんじゃないですね)いい意味でオンとオフで完全にオフモード感が強くて。
まぁ、メンズクラブ、チェックメイトとかそんな雑誌を毎号ナクールにおいてあったのを私は小学生くらいから見てたわけです。80年代中盤ころ、雑誌ポパイに1度掲載されたことがあります。

で、私、オリハシ自身が本格的にナクールのスタイリングを皆さんにお見せできるのは18歳超えたころの写真が分かりやすいと思います。1990~92年あたりからです。

アメカジからの流れで「渋カジ」とか言われてた大きなトレンドの中でもどちらかというと綺麗めな大学生をやってました。

こんな感じ。私が着用してるのはすべて当時のナクールセレクションです。紺ブレはダブルでゆったりめ、リーバイスの501、モックネックのニットライクなカットソーもオーバーサイズ気味です。足元はローファーとか穿いてるっぽい。なんのパーティーなのか覚えてませんが、クリスマスかも。

右隣は友人、カウチン系のネイティブ柄ハンドニットにタートルでニットオンニニットで合わせてデニムを履く王道アメカジ、彼はそういうの得意でした。
左のかたは面識がないかたで、我々より年上。DCブランドで身を固めてるのが見て取れますね。コートの素材感や雰囲気、なかなか洒落てますね。

このように90年代前半は様々なトレンドが多少の年代のズレがあったとしても同時並行で流れていたように思います。

今日はジャケットを使った90年代ナクールスタイルに絞ります。

左、シングルの紺ブレ(これはレギュラーフィット)。ラルフローレンのボタンダウンシャツにチェック柄のパンツ。ティンバーランドのデッキシューズだけは他店で購入したものです。ティンバーランドの足元とLLビーンのトートバッグがトラッドのハズしです。トラディショナルな雰囲気のアイテムにアウトドアスポーティーなテイストを混ぜるスタイリングが好みでした。

真ん中はツィード素材のガンクラブチェックジャケット、これはTAKEO KIKUCHIさん(ナクールセレクト!)です。パンツはコーデュロイのリーバイスあたりを穿いてるイメージ。ブラックウォッチ柄のウールストールをネクタイの巻き方でしてます。バックパックはアウトドアブランドのものを他店で購入。
オリハシの右隣はボアフリースハーフジッププルオーバーにデニム。左はデニムにウールのPコートという当時の王道大学生スタイル。でもちゃんと着こなしてますね。
オリハシにちょいっと押されて前につんのめった彼は某アウトドアブランドのマンパにスウェットパンツをブーツインしてスタイリング。お洒落ですね!

ちなみに当時からノースフェイス着てる人っていました。今ほど多くなかったけど。

1番右は足元コールハーンのローファー(他店で自分で購入)です。デニムはリーバイス501、先に紹介したツィードジャケットを着て、アイボリーのステンカラーコート。

シューズ系以外はすべてナクールセレクトです。ちょっと大人っぽく見せたいぞっていうときにこんなジャケットスタイルをしてました。今思えば、ナクールをやるためにこんなにも頑張ってファッションしてた自分がいたわけです。サイズ感の取り方、色合わせ、テイストミックス、すべて試行錯誤、見よう見まねでやっていったのが、今、血肉になっていると考えられます。

トレンド的にはスニーカーのブームもあり、裏原ストリート系のようなトレンドもありましたが、ナクールではそこまで前のめりにそこに関わっていかなかったように感じられます。(ステューシーのスウェットとかちょっとはあったかも?!)でも、あくまで大人カジュアルを意識していたのだと思います。

個人的には高校生のときにエアマックスも履いたし、中学生のころにナイキもコンバースも履きまくったので、子供っぽく見えるスタイリングを追いかけなかったんだと思います。

また一方、アニエスベーやA.P.Cのようなフレンチカジュアルと呼ばれるブランドの台頭もあって、大学内でもスラっとしたスタイルのいいメンズはこのあたりを着てましたね。

ちなみに1986年の12月から1994年1月までナクールにはもう1店舗支店がありました「New Clip」という店名。そこでDCブランド系からTAKEO KIKUCHIまでスーツメインで展開。さすがに当時の武蔵小杉では難しかったと思います。商売として苦労した形跡が見受けられます。先代は大学生の私を捕まえては愚痴りました(^^;

TAKEO KIKUCHIのスーツを着た私(店内は昔のナクール本店)なんか時代だなぁー。でもまた今、ジャケットパンツがこんな感じになってる若いメンズいますよね。とは言え、少しずつ細身系のジャケットパンツも出てました。大学の入学式は3つボタンで細身系で行ったのですが、残念ながら写真なしです。

店内、ごちゃごちゃしすぎだし(^^;
最後のは恥ずかしいですね。まぁ、50周年なんで大サービス。笑っていただけましたでしょうか?

来週もこんなブログやってみたいと思います。若い人が見たら新鮮で、同年代が見たら懐かしいと思います。

メールでも細かい対応させていただきます!お問い合わせはお気軽にどうぞ!

★ナクールのオンラインショップはこちら→【ナクール・オンラインストア
スマホでショッピングアプリBASEをダウンロードしてナクールをフォローすると商品の新着情報が随時お知らせされるようになっています。是非、アプリからフォローしてみてください。

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛ツィート中!みんなフォローしてね!部長ががんばってます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • nakool style in 写真道場 2021
  • nakool style in 写真道場 2020
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool

VOICE of nakoolistお客様の声

「奥さんから体重が70㎏を切るまでナクールに行っちゃダメ!」と体重制限でナクール禁止令が出されていたんですよ~(2ヶ月ぶりに来店O様)
横浜市港北区、30代、自営業、O様