Styling log

今週のオリハシスタイル(2021.3.10-3.16)

オリハシです。

ナクールは定休日ですが、ブログを楽しんでください。
さぁ、21日に緊急事態宣言は解除されるし、そろそろ服でもいかが?

今週は一気に暖かくなった一週間でした。

3/10(水)
何と言ってもぷるぷるのマスク「JIGGLY」がオススメ!売れてます!オリハシのJIGGLYサイズはLです。小顔なメンズはMでもいいと思います。

インナーの白いカットソーはボクシーポケットTEE!!

3/11(木)
わりと早めな時間に行動。おっさんだなー^^ でも人がいなくて快適に撮影!
デニムとスニーカーのリンクつけておきます。

3/12(金)
掠れたチェック柄パンツは今、人気のやつ!

3/13(土)
細身ファッションと緩いファッションを交互に。

3/14(日)
あたたかいホワイトデー!スウェットプルオーバーシャツ1枚で!

3/15(月)
昨日、動画付きブログで紹介したLiSSの切り替えカットソーを着てます。

3/16(火)
極薄ナイロンのブルゾンをインナー使いしてます。

今週の1冊はこれ。浅田次郎さんの「おもかげ」
素敵な小説です。切ない話なのに不思議と前を向くことができます。じわっとくるよ。最近、感動してないなっていう中年のあなた、「地下鉄(メトロ)に乗って」と2冊読んでみてください。

浅田次郎さんが描く大人の女性像がね、いいんですよ。

この妙に垢抜けた女の人生の一端を垣間見たような気もした。苦労が容姿に顕われず、むしろそれを肥として洗練される人間のいることは知っている。能力や性格ではなく、客観的な幸不幸とも関係なく、今かくある自分が幸福であると信ずることのできる人間である。(154-155頁)

なんか素敵だと思いませんか?「苦労を肥として洗練される人間」
男性にだって言えることでしょうって私なんかは感じます。

如何ともしがたい容姿の衰えを、気品と知性で凌駕していくのは、並大抵の努力ではない。

私の父は54歳で他界しました。今から10年後、私は58で、11月に59歳になる年です。私の視界に父の享年が近づいてきたことも影響していると思いますが、年齢の重ね方というものに対して今、強く意識しています。

それはまた服、ファッションを生業にしていることと無関係ではありません。

今、商売できる喜びをかみしめて、服を纏うこと自体を皆さんに楽しんでもらいたいですね。

メールでも細かい対応させていただきます!お問い合わせはお気軽にどうぞ!

★ナクールのオンラインショップはこちら→【ナクール・オンラインストア
スマホでショッピングアプリBASEをダウンロードしてナクールをフォローすると商品の新着情報が随時お知らせされるようになっています。是非、アプリからフォローしてみてください。

★ブログで追い切れない情報をナクールのFacebookページにUPしています。こちらも合わせてチェックしてみてください。→メンズカジュアル・セレクトショップ【ナクール】

★ナクールのオフィシャルキャラクター ナクバックくん!
 毎日絶賛つぶやき中!みんなフォローしてね!部長がつぶやいてます。
https://twitter.com/nakoolbag_kun

★オリハシのinstagramです。こちらもコーディネートの参考にどうぞ。
https://www.instagram.com/nakool_orihashi/

「何日、何時頃、伺いますのでコーディネートしてください!」という人は連絡ください。その時間は可能な限りオリハシが相談にのります!
コメント、問い合わせはメンズセレクトショップ【ナクール】Facebookからも受け付けています。
オリハシ直行メールもどうぞ。

こちらもオススメ

もっと読む

Go more

Topics

新丸子の写真館「写真道場」さんとのコラボレーション企画、CRS活動としての洋服ポスト・・・etc

  • nakool style in 写真道場 2022
  • nakool style in 写真道場 2021
  • nakool style in 写真道場 2020
  • nakool style in 写真道場 2019
  • nakool style in 写真道場 2018
  • nakool style in 写真道場 2017
  • nakool style in 写真道場 2016
  • nakool style in 写真道場 2015
  • 洋服ポスト武蔵小杉 by nakool

VOICE of nakoolistお客様の声

中学生のころから通学時にナクールの前を通っていて、かっこいいなぁ~って思っていて印象に残っていました。大学生になって周りがお洒落に気を遣うようになって「そういえば地元にかっこいい服屋さんあったな」と思い出してから来るようになりました。
川崎市中原区、20代、大学生、N様